ナイアードのヘナ

ヘナ相談室

2016.07.12

古いヘナ、まだ使えるの?

時々お客様から「昔買ったヘナを見つけたけどまだ使えますか?」という質問をいただきます。
使えないことはないのですが、やはり古いものより新しいヘナの使用をおすすめしています。

本日はヘナの使用期限・ロット番号の読み方、保存方法をお伝えしたいと思います。

ヘナはローソンという色素を含み、ローソンが髪のたんぱく質と結合することによって発色します。
ナイアードではヘナの葉の状態を確認して使用しています。植物ですので鮮度が高い方がローソンもしっかりと残り、白髪染めなどの髪への効果もより期待できます。

ナイアード ヘナの使用期限は製造から3年を目安としています。
そうなると、お手元の製品がいつ作られたのか気になりますよね。
ナイアード ヘナシリーズは、製品に刻印されているロット番号で製造年月までわかります。

100gサイズなら箱の蓋(箱の天面)に、400gサイズなら紙袋裏面に、粉の入っているビニール袋なら貼付のシールに、それぞれ4ケタの数字とアルファベットのスタンプが押してあります。

この4ケタの数字の上2ケタが西暦の年号、下2ケタが製造月を表しています。
例えばですがロット番号が「1607」の製品は2016年7月製造のものです。
※ アルファベットは製造管理番号です。

ヘナロット

お手元のヘナのロット番号を見て、できるだけ古くなる前にお使いください。

また、「一度開封したヘナも使えますか?」という質問もいただきます。

ヘナを開封しても、お湯で溶かない限りはまた使うことができます。
保存の際は、密封して直射日光、湿気を避けて保管しましょう。
とはいえ、ビニールの袋を開けてしまうと鮮度が落ちていきますので、開封後は3か月を目安にできるだけ早めに使い切ることをおすすめします。

ちなみに、400gの徳用サイズを、開封して3か月じゃとても使いきれないと思っている方もいらっしゃると思います。
実は400gの徳用サイズ、外袋を空けると中には100gの小分けにされたヘナが4つ入っています。

ヘナ100%_400g_内容物

1袋ずつ開けていつもの白髪染めの頻度でお使いいただければ十分使い切れる量です。
100g×3個分の値段で400g入っているため、長くヘナをご愛用の方、これから使い続けてみようかなと思われた方は、是非一度手に取ってみてください。

ヘナは髪や肌を傷めることなく、使い続けることができる優しい白髪染めです。
使用期限や保存方法を少し気にかけて、状態の良いヘナのしっかり染まる気持ちよさをぜひ実感してみてくださいね。