ナイアードのヘナ

ヘナ相談室

2017.01.19

ヘナ使用後にきしみを感じます。どうすればいいですか?

ヘナ使用イメージ

ヘナを使用後、まれに髪に「きしみ」を感じることがあるけどどうすればいいか?
という相談を受けることがあります。ここでは、きしみを感じた際の対処法をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

対処法
「きしみ」を感じる際は、洗髪しタオルドライした後、まだ髪に水分がある状態の時に椿油やオリーブオイル、ホホバオイル等をきしみが気になる箇所になじませます。乾かした後になじませてもきしみを緩和することができます。

使い方は、手に数滴オイルをとって手のひら全体になじませ、毛先が気になる場合は、毛先を重点的に手でもむように髪にオイルをなじませます。髪全体になじませたい時は、手くしで髪をとかすようにすると、オイルがなじみ、きしみが和らぎます。タオルドライした髪にオイルをなじませた場合は、ドライヤーで乾かすか自然乾燥させましょう。

きしみについて
ヘナは、pHが約4.9の弱酸性であることと、含まれる成分によって収れん作用(引きしめ効果)があります。そのため、髪のタンパク質がヘナの収れん作用でキュッと締まった状態になり、それを「きしみ」と感じたり、髪がごわごわしていると感じることがあります。
このきしみを感じることは、決してヘナで髪が傷んでしまったわけではないので心配しないでください。収れん作用によって、キューティクルが引き締まり、ヘナを繰り返し使用するにつれ健康な髪になります。

洗髪時に髪にきしみを感じていても、乾かしたらサラサラで問題なかったという方もいれば乾かした後も髪のきしみを感じるという方もいます。特に初めてヘナをお使いの方や髪の傷みが気になる方が使用するときしみの症状を感じる場合があります。

このきしみも数回ヘナを使用していくうちに感じなくなり、使用直後からツヤのあるトリートメント効果として感じられるようになってきます。